不妊治療と妊活ガイド

不妊治療と妊活ガイド
2016-08-22

「男性不妊専門病院とは?」

どんなとこ?

通常、不妊治療と言うのは女性がレディースクリニックや、婦人科などで行うものと言う認識が高いと思いますが、不妊の原因は女性側だけにあるものではありません。

特に二人目不妊となると男性側が原因での場合が多いと言われています。この場合、男性の不妊検査はどこで行うのか、迷う場合が多いでしょう。

勿論女性と一緒にレディースクリニックなどで受けることはできますが、男性不妊専門医でなければ詳しい検査ができない場合があります。

通常男性は泌尿器科で主な不妊治療を行います。けれど、泌尿器科は泌尿に関すること専門であり、女性の来院者も多くいます。この場合、女性も多く存在する中で精液を採取したり、それに関する内容の話を診察室でしたり、となると少し戸惑いを感じる方も多いのではないでしょうか。

そこで、そのような男性のための男性不妊治療専門病院というものが存在するのです。ここでは、不妊治療が専門で、なおかつ患者は男性のみなので、精神面での不安感も取り除かれるのではないでしょうか。

泌尿に関する病気を持った方と一緒に治療と言うのも落ちつかないですし、レディースクリニックで女性に紛れて検査や治療を行うというのも精神的苦痛を感じる場合が多いと思います。

さらに自分に原因があり、相手側の女性と一緒に来院ではなく、自分一人で通院しなければならないとなると余計に行きづらくなってしまいますね。男性不妊治療専門病院では、この様な男性の精神的苦痛を排除し、より専門的な検査と治療を行う、男性にとってとても安心な病院なのです。

二人目不妊となると余計に一度は妊娠出来たのだからと、不妊治療に踏み切る方が少なくなりますが、不妊治療は早ければ早いほど効果が確実になります。男性不妊治療専門病院があると、行きやすいのではないでしょうか。

費用はどれくらい?健康保険はつかえる?

不妊治療では、女性も男性も、保険適用の部分と保険適用外の部分があります。血液検査や精液検査、問診などについては健康保険適用となるので、費用も抑えられますが、専門的な不妊治療となってくると保険適用外の部分が多くなってきます。

特に人工授精、体外受精、顕微授精などについては保険適用外となるので、どの病院でも高額な費用がかかります。そのため、費用を抑えながら治療をしたいと考える方はこの様な高額費用がかかる治療を避ける傾向にありますが、住んでいる自治体により、助成を受けることが出来る場合があります。

きちんと申請し、自治体の指定する範囲内であれば、全額は無理でも一部助成金が下りる可能性があるので、住んでいる自治体に確認することをお勧めします。

本来はある程度の不妊治療で妊娠の手助けを受けながら自然妊娠することが好ましいのですが、二人目不妊である場合、夫婦ともに年齢が上がっていて、妊娠の可能性も低くなっていく傾向にあります。

一人目不妊で、まだ結婚して間もない二人なら人工授精などあわてて行う必要はありませんが、二人目不妊で、その原因が男性側の精子に問題があるのであれば、早い段階で人工授精などの治療に進んだ方がいいいかもしれません。

二人目不妊の場合は、その原因にもよりますが、病院側から人工授精や体外受精などを進めてくることも多いでしょう。費用を確認し、自治体での助成金を調べたうえで、どの様な治療方法に移っていくべきかしっかり考えていくといいでしょう。

検査と治療方法は?

男性不妊治療の検査は、まずは問診から始まります。職業や結婚期間、年齢などと、妊娠を希望してからどれくらいの期間が経過しているのか、一人目不妊なのか、二人目不妊なのかということを主に聞かれ、不妊の原因について確認します。問診票に正直に記入しましょう。

次に診察に移るのですが、ここでは、不妊の原因がどこにあるのか確認するため、まず精巣の大きさを計ったり、腫れがないか、触れた時に痛みがないか、立ったり、力を入れた時の変化の仕方、安静に似ているときの状態などをチェックします。

この診察はとても重要なのですが、触れられたり見られたりすると思うと少し恥ずかしいと感じる方が多いようです。

しかし、女性のように痛みを感じる検査ではないので、その点に置いては安心です。精巣に問題がないようであれば、次は精液検査になります。精液検査は病院の個室で採取したり、自宅で採取したものを持ちこむ方法があります。

また必要に応じて、血液検査やエコー検査なども行われる場合があります。その後、精子の量や運動量などに問題がある場合は薬を飲んだり、それに相応した手術などが行われます。

もし薬物投与や手術でも回復がみられない場合は、人工授精や体外受精などの治療に進むことになります。二人目不妊で、年齢も高くなっている場合は自然妊娠の確率も下がっていきますので、早い段階で人工授精を勧められるかもしれません。

二人目不妊の原因は精子の運動率低下ということが多いので、この場合は人工授精した方が早い段階で妊娠することが出来るかもしれません。

不妊治療妊活ガイド
不妊の原因 不妊の原因
高齢不妊、二人目不妊、子宮筋腫など不妊の症状や原因、 病気についての説明をまとめています。
不妊妊活の辛さ 不妊・妊活の辛さ
不妊治療や妊活で多くの人が体験する辛い経験などをまとめています。
不妊治療と費用 不妊治療と費用
不妊治療の流れやかかる費用、国からの助成金につい てまとめています。
不妊治療について 不妊治療について
不妊症の様々な症状や不妊治療の年齢的リミット、具体的な不妊治療方法などをまとめています。
妊娠するには 妊娠するには
鍼灸やお灸など、不妊改善・妊娠に効果的と言われているものについてまとめています。
妊活におすすめのサプリ 妊活におすすめのサプリ
今注目のウムリンや不妊治療・妊活の王道、葉酸や亜鉛など妊活サプリメントについてまとめています。
妊活におすすめの食材 妊活におすすめの食材
不妊治療や妊活に良いとされている成分を豊富に含んでいる食材をまとめています。

Copyright© 2018 不妊治療と妊活ガイド All Rights Reserved.