不妊治療と妊活ガイド

不妊治療と妊活ガイド
2016-12-11

「不妊治療と双子」

不妊治療で双子ができる確率

不妊治療をすると双子を妊娠する確率が自然妊娠よりも上がるというのは、噂ではなく紛れもない事実です。ただしどんな治療を行うかによって、その確率は異なります。

例えば、医師が特定した排卵日に合わせて夫婦生活を行うタイミング療法や旦那さんから採取した精子を医師が膣の中に注入するだけの人工受精なら、ほとんど自然妊娠の場合とその確率は変わりません。

ですが、治療の中でも排卵誘発剤を用いて複数の卵を排卵させた場合であったり、体外受精を行った場合には、双子を妊娠する可能性は大幅にアップします。

全妊娠の中では、双生児が出来る可能性は約2%程と言われており、これを自然妊娠のみで考えた場合は約0.5%から0.6%となります。

それが排卵誘発剤や体外受精などの不妊治療を行った場合では、なんと20%から25%まで確率が上がるのです。つまり治療をすると自然妊娠の約40倍も可能性が高くなるということです。

また3つ子や4つ子などの多胎児が出来る可能性も、自然妊娠よりも確率が大きく高まります。多胎児の妊娠は胎児の成長、そして母体へのリスクも高まりますから、不妊治療を行う際には双子やそれ以上の多胎児を妊娠する可能性もあるという事を決して忘れてはいけません。

不妊治療で双子ができるのはなぜ?

昔よりも現代では、世界的に双子の出生率が右肩上がりとなっています。

その理由としてあげられるのが、不妊治療の進歩と世間への浸透です。治療を行うことによって、自然妊娠の約40倍も多胎児を妊娠する確率が高まります。

では、何故不妊治療により双子を始めとした多胎児の妊娠率が高まるのか説明したいと思います。現在治療として行われている主な方法が、排卵誘発剤を用いた人工受精や体外受精となります。女性は毎月一回ある排卵日に、通常は一つだけ卵を排卵します。

しかし排卵誘発剤を使用すると、一つだけではなく一度に複数の卵子を採取する事が出来るのです。また体外受精の場合は、その成功率を高める為に、排卵誘発剤により採取した複数の卵子を受精させ、その後二つ以上を受精卵として女性の子宮に戻す事が普通です。

このため、通常では精子と卵子が受精をしても一つの受精卵しか出来ないのが、不妊治療により人工的に複数の受精卵が誕生し、その2つ以上が着床に成功すると双子を含めた多胎児を妊娠する結果に至る訳です。

排卵誘発剤で複数の卵子を排卵したり、体外受精で二個以上の受精卵を女性の子宮に戻す事から、多胎児となる確率は通常一つしか排卵しない自然妊娠より高まるのは当然の結果と言えるでしょう。

双子をつくるコツは?

自然妊娠で双子が生まれる確率は決して高くはありません。その確率は国によって差があるものの、日本では凡そ150人から200人に1組の割合で誕生すると言われています。

双子にはDNAまでが同じである一卵性双生児と、DNAが異なり普通の兄弟と変わらない二卵性双生児に分けられます。一卵性双生児は、1つの受精卵が細胞分裂をする過程で2つに別れたもので、受精卵が2つ着床すると二卵性双生児となるのです。

一卵性双生児は、ある意味偶然の産物ですが、二卵性双生児をつくるコツのようなものは存在すると言えるかもしれません。不妊治療すると、二卵性双生児が出来る確率が自然妊娠と比べて非常に高くなりますが、これは排卵誘発剤を使用するためです。

また、不妊治療で排卵誘発によって複数採取出来た卵子を精子と受精させ体内に戻す体外受精も双子が出来る確率が高まります。排卵誘発剤を使用する以外にも、多排卵になると同じように二卵性双生児が出来る確率が高くなります。

多排卵は、体質的な部分が多いのですが葉酸を摂取することで二卵性双生児が生まれる確率が高くなるという研究結果もあるのです。他にもインスリン様成長因子IGFが多いと多排卵になると言われています。

このIGFは、乳製品を食べる事によって分泌が増加すると言われているので、葉酸や乳製品をよく摂取することも、双子を授かるコツとなります。

双子の育て方

最近では約10組に1組の夫婦は、不妊治療を行っていると言われています。

そのため不妊治療をした結果、双子を授かる夫婦も増えています。そして乳幼児期は、母親にかかる負担は一人っ子や普通の兄弟よりも大きくなると言わざるを得ません。

乳児期の大変さを軽減する為にお勧めしたいのが、ほ乳瓶に慣れさせておく事です。

ほ乳瓶に慣れさせておくと、母親以外でもミルクをあげる事が出来ますし、同時にお腹を空かせて泣いた場合にも対応する事が可能です。また、ベビーカーなども双子専用の物を使うなど、賢い育児法です。

乳幼児期は、非常に手が掛かるので夫婦で協力すること、そして周りの人のサポートを受けながら育てる事もコツとなります。ある程度成長し、自我が出てくるようになるとそれぞれに個性が見られるようになります。

性格はもちろん、成長に差が出てくる事も珍しくありません。決して親が比較をしたり差別をするような発言をしてはいけません。それぞれを別の人間として尊重して育てる必要があるのです。

また双子だからといって、何から何まで一緒にしたり同じ事をさせる必要はありません。

そして、他の友達とも積極的に交流する機会を小さいうちから作ってあげるのも親の大切な役割です。どうしても二人の世界を作りがちですが、お互いに依存が強すぎると、成長や周りとの係わり方に歪みが生じるケースもあるので、そこに気をつけて育てる必要があります。

不妊治療妊活ガイド
不妊の原因 不妊の原因
高齢不妊、二人目不妊、子宮筋腫など不妊の症状や原因、 病気についての説明をまとめています。
不妊妊活の辛さ 不妊・妊活の辛さ
不妊治療や妊活で多くの人が体験する辛い経験などをまとめています。
不妊治療と費用 不妊治療と費用
不妊治療の流れやかかる費用、国からの助成金につい てまとめています。
不妊治療について 不妊治療について
不妊症の様々な症状や不妊治療の年齢的リミット、具体的な不妊治療方法などをまとめています。
妊娠するには 妊娠するには
鍼灸やお灸など、不妊改善・妊娠に効果的と言われているものについてまとめています。
妊活におすすめのサプリ 妊活におすすめのサプリ
今注目のウムリンや不妊治療・妊活の王道、葉酸や亜鉛など妊活サプリメントについてまとめています。
妊活におすすめの食材 妊活におすすめの食材
不妊治療や妊活に良いとされている成分を豊富に含んでいる食材をまとめています。

Copyright© 2018 不妊治療と妊活ガイド All Rights Reserved.