不妊治療と妊活ガイド

不妊治療と妊活ガイド
2016-08-22

「精索静脈瘤とは?」

どんな病気?原因は?(年代別割合)

自然妊娠するには、精子は1ml中4000万以上が望ましいとされます。ところが、精液検査で、精子の数が1ml中1500万を下回ってしまうと、乏精子症と呼ばれます。

この原因の約4割に認められるのが精索静脈瘤(せいさくじょうみゃくりゅう)ともいわれ、男性の不妊原因の代表的なものの一つとなっています。

精索静脈瘤、精巣の周辺の静脈がうまく流れなくなっているため、これにより精巣の温度は上昇し、精子が造りにくい状態になります。この原因ですが、静脈は心臓に戻る血液で逆流を防ぐための弁がついているのですが、その弁に不具合が生じてしまったりしますと、血液の逆流が生じ、陰のう上部がうっ血し、結果、こぶ状の腫れたりする症状が生じたりします。

精索静脈瘤がある場合、本来血液が流れるべき方向へ流れず逆流している状態です。

血液が停滞し、その結果として精巣の温度が上がって、精巣機能を低下させてしまうと考えられています。

こうした検査で、奇形率94%と言われ、男性がショックになって心を閉ざしてしまうケースもあるようでこうした問題で、夫婦の間の心が行き違って、離婚ということも出てくるかもしれません。

手術も局部麻酔で左程大変でもなく術後は、精子の質も期待できるとのケースもありますが、それでも良質な精子は、3%と言われたとの口コミもありました。

冷静に検査や治療を段取れない場合は、感情的になって夫婦仲が険悪になって離婚危機にもなりかねないということになります。

配偶者の年齢が40代前半位になると、術後効果が表れるまでの時間を待てない場合は、体外授精との並行治療も視野に考えなければならないでしょう。

検査と治療方法

検査は、まず、視診で陰のう上部にこぶ状の腫れがないかを確認し、次に触れてみます。陰のう上部の静脈の逆流が起こって腫れたりうっ血したりしていないかを確認します。

そして、超音波検査では、精巣の大きさ、精索静脈の太さ、血液の逆流を観察します。

こうした不妊に関する検査費用は、健康保険がききません。検査代は、それぞれのクリニックによって違うと推測できますが、検査自体から結構万単位の費用が必要となります。 手術方法としては
(1)手術で静脈をしばってしまう方法
(2)静脈につめ物をして、血液の流れをせき止める

という2つの方法があります。 手術は静脈をしばる部位により大きくふたつに分けられます。すなわち
(A)お腹の中で静脈をしばる精索静脈高位結紮術と腹腔鏡手術
(B)足の付け根のところでしばる精索静脈低位結紮術

それぞれの症例に合わせ、手術となるるわけですが、精索静脈瘤の治療では、精子の質の向上も期待できます。

しかし、手術費用は健康保険が使えるものもありますが、自費となるケースもあります。そして、手術を終えた後、ようやく不妊のための治療がスタートするのであって、その効果が現れるまで術後半年~1年位の時間が掛かりますから、精神的にも経済的にも、夫婦共々大変な負担がかかります。

こうしたプロセスを踏んだとしても、妊娠が成功するかどうかは未知数です。こうした中で妻側の肉体的な負担も大きく、精神的に欝状態となり、離婚問題にに発展しないとも言えないでしょう。

山を越えたら、また次の山というように、不妊治療には、いつでも離婚危機が待ち受けています。

防ぐための対策・早期発見のチェック方法

無精索静脈瘤は、症状のないことが多いのですが、陰のう部に痛みや違和感があったり、また、大きいこぶですと、出っぱってくるので分かります。

精索静脈瘤は静脈の位置から左側に多く、両側にある場合でも左の方が程度が、ひどくなっているので、左右で大きさが違うということで気付くことも多いようです。

こうしたことは、自分で日頃から意識し観察していれば、分かることです。また、早めに気付いていて、軽度だと漢方薬などが使えます。 桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)を使います。

これは、精索静脈瘤を瘀血とみなして使います。桂枝茯苓丸による精液所見の改善が見られない場合には、 桃核承気湯(とうかくじょうきとう)を使います。これで、精子の数が増えた事例もあるようです。

若いうちは、余り精索静脈瘤という疾病にはかかりにくいものです。この疾病の発見には、第二子ができない理由を探るうちにたどり着いたという事例もあるようです。

男性だと30代位でしょうか、まさか、不妊の原因が、自分の側にあるということ、そして、それが静脈の逆流であるとは不妊治療を始めなかったら気付かなかったかもしれません。

それでも、結果が良ければまだましですが、検査では健康保険も使用できず自費が負担な家族の間では、今後の子作りをめぐって、精神的に追い詰められることも多いでしょう。

少し精神状態のバランスが崩れただけで、夫と妻のどちらかが参ってしまい離婚話も出てこないとも限りません。せめて、離婚などにならないように、経済的負担の軽減すなわち、不妊検査体制、精索静脈瘤手術に健康保険適応がなされることが望まれます。

不妊治療妊活ガイド
不妊の原因 不妊の原因
高齢不妊、二人目不妊、子宮筋腫など不妊の症状や原因、 病気についての説明をまとめています。
不妊妊活の辛さ 不妊・妊活の辛さ
不妊治療や妊活で多くの人が体験する辛い経験などをまとめています。
不妊治療と費用 不妊治療と費用
不妊治療の流れやかかる費用、国からの助成金につい てまとめています。
不妊治療について 不妊治療について
不妊症の様々な症状や不妊治療の年齢的リミット、具体的な不妊治療方法などをまとめています。
妊娠するには 妊娠するには
鍼灸やお灸など、不妊改善・妊娠に効果的と言われているものについてまとめています。
妊活におすすめのサプリ 妊活におすすめのサプリ
今注目のウムリンや不妊治療・妊活の王道、葉酸や亜鉛など妊活サプリメントについてまとめています。
妊活におすすめの食材 妊活におすすめの食材
不妊治療や妊活に良いとされている成分を豊富に含んでいる食材をまとめています。

Copyright© 2018 不妊治療と妊活ガイド All Rights Reserved.