不妊治療と妊活ガイド

不妊治療と妊活ガイド
2017-01-18

「三人目不妊について」

三人目の子どもから不妊になる原因は?

一人目、二人目の時は苦労なく授かったのに、三人目がなかなか妊娠できないことがあります。

健康なカップルが避妊をせずに定期的に性交を行なうと、1年で約8割、2年で9割を超える確率で妊娠に至ると言われています。2年を超えて妊娠しないことを不妊と言います。三人目で初めて不妊になることを特に三人目不妊と呼びます。

三人目不妊という言葉があるのは、それだけ悩むカップルが多いということです。不妊には様々な原因が考えられますが、特に三人目不妊の場合には確認しなければならない点がいくつかあります。

まず年齢的な要因です。卵子のピークは以外と短く、女性が33歳を超えるとすでに老化が始まります。その後4、5年も経つと急激に卵子の質が落ち、受精能力が著しく低下します。また、精子も男性が40歳を超える頃から次第に運動量が減ってきます。

三人目の妊娠を望むころには男女ともに高齢になっている場合が多いので不妊率が高くなるのです。また、単純に性交の回数が減ることもあげられます。回数が減ればそれだけ妊娠のチャンスを逃していることになります。女性は一人目、二人目の育児に追われ、男性は仕事が忙しくなる年齢にさしかかります。

すれ違いの生活が性交の機会を減らしていることも考えられます。

三人目がほしくなる割合(男女別)

三人目不妊の治療に訪れるカップルは、二人とも妊娠を望んでいるわけですが、どちらか片方だけが三人目をほしいと思っている場合にはさらに不妊の確率が上がります。

どちらかといえば女性の方が三人目を強く望んでいる場合が多いです。特に上の二人が同性の場合、違う性別の子を三人目に欲しがる傾向が強いようです。

逆に言えば男性がそれほど三人目をもうけることに積極的ではないということですが、それにはいくつかの理由が考えられます。

まず、男性は妻や子どもたちを養っていかなければならないというプレッシャーを常に感じて仕事をしています。子ども一人にかかる養育費、教育費は1000万円以上とも言われています。

そのうえ、マイホームのローンなども重なったりする場合があります。極めて忙しくハードな毎日を送っている現状と給料の実態をみて、これ以上子どもを育て上げることはできないと思うのも無理はありません。

この男女の意識の差が三人目不妊の大きな原因の一つとなっているようです。

もし、不妊を克服したとしてもよく話し合っておかなければ女性は全ての育児、家事を夫の理解や協力無しに一人でこなさなければならなくなります。三人目不妊を乗り切るにはそういったソフト面でのケアも重要になってきます。

一人目不妊と二人目不妊と三人目不妊の違いは?

三人目不妊が一人目不妊や二人目不妊と大きく違っているのはどんな点でしょうか。まず、男女ともストレスの大きさがピークに達しているという点です。

男性はちょうど年齢的にもある程度の責任ある仕事を任されたり、上司と部下の間に挟まれて身動きが取れなくなったりする頃です。朝早くから夜遅くまで仕事で休みもろくに取れない、という方も少なくありません。

家族を構えている以上、頑張って少しでも給料をあげたいと無理をして体調を崩すこともあります。仕事を終え疲れて帰ってきた自宅では、妻が一人で抱える育児にこれまた疲れ切っているという状態はストレス以外のなにものでもありません。

女性の方も、核家族が進み周りに助けてくれる人が見つけにくい状況で、24時間二人の子どもたちの世話をするのはかなりのストレスです。

もし、そんな夫婦が三人目の妊娠を望んだとしても不妊に悩まされるケースが多くなります。三人目不妊を克服するには夫婦ともにこれらのストレスを軽減することが大切です。

そのためには無理にでも時間を取って将来の家族像についてしっかり話し合いをしなければなりません。さらに不妊の直接的な原因となる卵子や精子の検査も同時にする事が、三人目の子どもをもうけるための大きなポイントとなります。

三人目がほしい人の環境作りは?

年齢を重ねた夫婦が三人目不妊を克服し、待望の三人目を妊娠、出産するためには、なにより環境づくりが大切です。

まず、徹底した体調管理です。女性は加齢により体の基礎代謝が低下して血流が悪くなり、冷え性に悩む方も多くなります。冷え性は不妊の一要因でもあります。

体を温める食事を心がけ、一人目、二人目の子どもたちの育児の合間を縫って適度な運動も開始しましょう。DVDを見ながらのストレッチやヨガなどは短時間でできますし、子どもたちがいても可能です。

適度な運動によって短くても質の良い睡眠を取ることができます。ストレスを減らす効果も期待できます。男性は、仕事上の付き合いも増え、体重が増えがちです。

肥満は精子の健康状態にも悪影響を与え、不妊の一要因ともなります。栄養バランスが偏りがちな外食でも上手にメニューを選んだり、朝食で不足した栄養素を補うなど工夫が必要です。

また、夫婦のコミュニケーションをとり運動不足を解消するために、二人の子どもたちも連れて軽い散歩に出かけましょう。運動量の割りには高いストレス発散効果があります。三人目不妊克服にはお互いの思いやりが必要です。

どうして三人目が欲しいのか、どうやって経済的な負担増をカバーするのかなどお互いの立場に立って考えることが大切です。

不妊治療妊活ガイド
不妊の原因 不妊の原因
高齢不妊、二人目不妊、子宮筋腫など不妊の症状や原因、 病気についての説明をまとめています。
不妊妊活の辛さ 不妊・妊活の辛さ
不妊治療や妊活で多くの人が体験する辛い経験などをまとめています。
不妊治療と費用 不妊治療と費用
不妊治療の流れやかかる費用、国からの助成金につい てまとめています。
不妊治療について 不妊治療について
不妊症の様々な症状や不妊治療の年齢的リミット、具体的な不妊治療方法などをまとめています。
妊娠するには 妊娠するには
鍼灸やお灸など、不妊改善・妊娠に効果的と言われているものについてまとめています。
妊活におすすめのサプリ 妊活におすすめのサプリ
今注目のウムリンや不妊治療・妊活の王道、葉酸や亜鉛など妊活サプリメントについてまとめています。
妊活におすすめの食材 妊活におすすめの食材
不妊治療や妊活に良いとされている成分を豊富に含んでいる食材をまとめています。

Copyright© 2018 不妊治療と妊活ガイド All Rights Reserved.