不妊治療と妊活ガイド

不妊治療と妊活ガイド
2016-11-29

「カンジダと不妊」

カンジダとは?

カンジダ菌とはかびの一種のことで、男性でも女性でもかならず腸内に持っている菌です。

女性の場合は腸のほかに膣内にもカンジダ菌を持っている場合があり、それが発症元となります。膣内は、カンジダ菌が繁殖できない環境になっていて、健康な状態であれば膣内のカンジダ菌は死んでしまいます。しかし、疲れがたまって免疫力が落ちているとき、妊娠などでホルモンのバランスが不安定なときにかかくやすくなります。

健康な状態であれば、それだけで格段に発症する確率は低くなるので、規則正しい生活をして免疫力を下げないように心がける事が大切です。

また、他のウイルス治療の為の抗生物質もカンジタを増殖させる原因の一つとされているので、体調を崩して抗生物質を服用しているときなどは、カンジタにかかりやすくなります。

また、不潔にしていることもカンジタに感染するリスクが高まるので、普段から清潔にすることに気をつける事が大切です。

カンジタの主な症状としては、悪臭のない白いおりものです。ヨーグルトのようなものや、酒粕のようなポロポロしたおりものが出た時はカンジタの炎症のサインです。その他の症状としては、激しい痛みやかゆみを感じることもあります。

カンジダの割合と治療法

カンジタは男性に比べると女性の方が、かかる割合が高く症状も出やすいのが特徴です。

カンジダかどうか調べたいとき、女性では産婦人科、男性では泌尿器科に行けば検査をしてもらえます。カンジダの症状がすすむと、これらのおりものによって外陰がかぶれ赤くはれてしまったり(外陰炎)、慢性化して治りにくくなってしまうこともあります。

カンジダが慢性化すると、白いおりものの量が減ってくるので、ここで治ったと勘違いしてそのまま放置してしま鵜事がありますが、カンジダは自然に治ることはなく、かゆみや痛みも自然になくなることはないので、いつもと違うと感じたら、病院でのちりょうが大切です。

女性の場合は、膣内洗浄と膣へのカンジダ菌を抑える薬の投与、外陰の炎症を抑える塗り薬で治療します。膣内洗浄は症状にもよりますが、週1.2回くらいです。

カンジタ治療は比較的早く効果があり、3~4日くらいで症状が軽くなりますが、完全に良くなるまでには2週間くらいかかりますので、症状が良くなってきても途中で治療をやめたりせずに、最後まできちんと治療していくことが大切です。

カンジタは再発し易い者なので、一度完治しても、その後の予防に気をつけることが必要です。

カンジダが原因で不妊になるの?

カンジタが原因で不妊になることはないと考えて良いでしょう。

しかし、直接の原因となることはなくても、膣カンジタ症によって膣に炎症が起きるので、間接的な原因にはなることはあります。妊娠するには精子が膣から子宮へと進む訳ですが、その通路である膣や子宮頸管に炎症があれば精子にとってはいい環境とは言えないからです。膣カンジダ症を発症している間はセックスは控えた方が無難です。

相手の男性に感染する可能性もあるし、炎症を起こしていれば治療にも差支えます。

また、妊娠中はカンジタを発症しても、治療は出来ないので、妊娠を考えている場合はきちんと治療して治しておく事が必要です。

また、胎児にはカンジタの影響はほとんどありませんが、出産の時には鵞口瘡という病気になる場合がありますが、比較的簡単な治療で治るので、あまり神経質になる必要はないと思われます。

カンジタと不妊は直接的には関係がないと考えられていますが、間接的な要因になることはあり得るので、カンジタ症になった場合がきちんと医師の診断の元で、完全に治るまで根気よく治療を受けることが一番大切な事になります。その他の性感染症は不妊の原因になるので、治療が大切です。

カンジダになりやすい体質は?

カンジタはカビの一種なので、カビが生えやすい場所はどこかと考えたときに先ず考えられるのは、足の裏や手のひら、口の中、膣、性器、肛門周辺、脇の下、乳房の下、消化器などです。これらの部分は、汗や湿気がたまりやすい場所であることです。

つまり、手汗をかきやすい人、足汗をかきやすい人、脇汗をかきやすい人など、汗をかきやすい体質の人がカンジダ症にかかりやすい人だといえますが、汗をかきやすい人がみんなカンジダ症になるわけではありません。いくつかの要素が重なった時に発生しやすいようです。

食生活の乱れや不規則な生活、ストレスのかかる毎日、抗生物質の長期間使用などがきかっかけとなって、免疫力が低下をし、汗をかいたジメッとした場所にカンジダ症を発症しやすいというこがわかります。

ひとつの解決策としては、こういった汗や湿気にでやすいところを清潔にして常に乾燥するように気をつけることです。水仕事に携わっている人は特に注意が必要です。

なぜなら、手が常に湿気ている状態なので、乾燥させている時間が少ないからです。湿気対策ができない人の場合は、免疫力をアップさせる食べ物を意識して食べるように、心がける事が大切です。

不妊治療妊活ガイド
不妊の原因 不妊の原因
高齢不妊、二人目不妊、子宮筋腫など不妊の症状や原因、 病気についての説明をまとめています。
不妊妊活の辛さ 不妊・妊活の辛さ
不妊治療や妊活で多くの人が体験する辛い経験などをまとめています。
不妊治療と費用 不妊治療と費用
不妊治療の流れやかかる費用、国からの助成金につい てまとめています。
不妊治療について 不妊治療について
不妊症の様々な症状や不妊治療の年齢的リミット、具体的な不妊治療方法などをまとめています。
妊娠するには 妊娠するには
鍼灸やお灸など、不妊改善・妊娠に効果的と言われているものについてまとめています。
妊活におすすめのサプリ 妊活におすすめのサプリ
今注目のウムリンや不妊治療・妊活の王道、葉酸や亜鉛など妊活サプリメントについてまとめています。
妊活におすすめの食材 妊活におすすめの食材
不妊治療や妊活に良いとされている成分を豊富に含んでいる食材をまとめています。

Copyright© 2018 不妊治療と妊活ガイド All Rights Reserved.